更年期とは

更年期とは何でしょうか?
更年期障害という言葉を良く耳にしたりしませんか?
更年期障害にはどういった症状があるのでしょうか?
更年期障害は女性だけがなるものなのでしょうか?

更年期とは、女性の場合卵巣機能が衰え始める45歳から50歳くらいから始まると言われています。
女性ホルモンの分泌が減少するためホルモンバランスが崩れてくることでこうねんき障害がおこります。
閉経を迎える前後として考えられるでしょう。

当然個人差がありますが、平均すると40代半ばが多いのかもしれません。
症状なども様々です。
ホルモンバランスが崩れることにより、精神的にも不安定になり、体調面でも体調を崩しやすくなったりもします。
自律神経失調症とおなじような感じであると言われています。

女性ホルモンであるエストロゲンが減少することにより脳が過剰に反応します。
エストロゲンが減少すると、盛んに卵胞刺激ホルモンを分泌しエストロゲンを多く排出しろと促します。
しかし、更年期を迎えた卵巣は思うようにホルモンを分泌することが出来ません。
脳からの司令が下ったところで対応しきれないのです。
そのためホルモンバランスの崩れが発生します。

身体の火照りや大量に発汗してしまうなど身体に異常な症状を引き起こします。
しかし、更年期障害の症状はホルモンだけが原因ではありません。

what's new

2013/02/05
男女の違いを更新
2013/02/05
原因を更新
2013/02/05
何歳から?を更新
2013/02/05
症状を更新
2013/02/05
症状!?更年期の実体!を更新
2013/02/05
ホームページリニューアル